栗の接木から芽が出ました♪

6月下旬

栗担当 綱川が、栗の接木を行ないました!

まず、穂木(ほぎ)と呼ばれる、上部に接着するの枝の芽の下を斜めに切り落とします。

反対側も形成層が見える程度に削ぎ落としました。

そして、台木(だいぎ)と呼ばれる、接ぎ木をされる側にあたる、下部にある木にも切り込みを入れます。

切断面がくっつくように差し込みます。

専用のテープでしっかりと固定しました!

さて、接ぎ木から10日程…

ジャ――――ン!!

無事、可愛らしい芽が出てきました~♡ 綱川も一安心ですね♪

こちらも順調です!

このまま元気に大きく育って、甘くて美味しい実をつけてくれますように…☆

0 件の返信

返信する

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です