初挑戦!栗の接木

3月上旬のある日。

作業場へ行ってみると、綱川が黙々と栗の接木(つぎき)を行なっていました!

ちょっと見学してみましょう♪

接木と聞くと、台木(だいぎ)に穂木(ほぎ)を接着させるというイメージをお持ちではないでしょうか?

ところが、この日の接木はちょっと違うんです!

この日のために保管していた栗をご覧ください。

ニョキッと元気な芽が出ていますね!!

実は、この栗の実に、穂木を接着させるんです!

ということで、まずは穂木の用意です。

栗の枝を小さく切って…

先を少し削って刺しやすくします。

芽にちょっとだけ切り込みを入れて…

穂木を挿します。

そして接ろう(つぎろう)と呼ばれる、ワックスのような蝋を塗ります。

こうすることで、接合部分が保湿され活着が良くなるのだそうです。

続いて、接ぎ木専用テープで覆います。

このテープ、面白いくらい伸びるんです!

びにょ~~ん

芽を傷めないように優しく…

なおかつ、しっかりと包み込みます。

これで種栗の準備完了です!

大量の栗を一つ一つ仕上げていくのは、なかなか気の遠くなりそうな作業です…

と、ここで!

強力な助っ人が現れましたよ~♪♪

綱川から説明を受けて、早速作業に加わってくれました~!

ということで、こんなに沢山出来ました~!!

これからどんな成長を見せてくれるのか楽しみですね~!

変化がありましたら随時お知らせしたいと思います♪

どうぞお楽しみに♪

0 件の返信

返信する

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です