企業理念

ベジアーツは、『仕事』を通して『人』の幸せを実現します。

農業を、もっと楽しく。

農業は”ものづくり”です。しかし単純な”ものづくり”ではありません。
農業は自然に対応しなければなりません。その自然は日々変化しています。変化に対応しているのは人です、
人にだって体調などに変化があります。
百姓は毎年一年生と言いますが、上手に作物を育てるのは本当に難しい。
しかし難しいからこそ、納得のいく作物が収穫できた時は楽しい、嬉しい。その”楽しさ”を日々追求してゆきたい。

野菜を、もっと美味しく。

当たり前の事ですが野菜は”食べ物”です。食べ物を作っている事を忘れず、料理人であるかの如く”美味しさ”を追求しつづける。

みんなに喜ばれる農場を創る。

”みんな”に喜ばれる、、、”みんな”とは誰の事だろう?先ず思い浮かべるのは一番身近な人だと思う。ベジアーツでは先ず社員とその家族に喜ばれるような農場を創りたい。身近な人に喜ばれなければ、喜びを波及してゆく事はできない。波紋の如く、社員、家族、地域、お客様、そして日本に喜びを伝える農場を創造する。

社名の由来

vegearts-logo-large

VEGE = Vegetable(野菜) ARTS = Arts(芸術)

ベジアーツで育てている「人・土・野菜」すべてが私たちの作品である、という想いを込めた社名です。

ベジアーツの目指す姿

昔の農家が実現していた暮らしを、

会社として組織として実現していく。

米を作り、野菜を作り、庭には果物が実をつける、

冬の前には漬物をつけ、正月には餅をつく。

一家族の中で完結していた暮らしのそれぞれの規模を大きく

経済活動として成り立つ姿にし、企業として発展していく。

企業としての成長と同時に農業を通じて得ることができる

農業の本質的な価値を大切に次代に繋いでいく。

それは企業としての確かさと、農家としての豊かさを同時に実現している姿である。

四季を感じ、情緒を育み。

自然の恵みである農産物を感謝していただき。

作物、土、自然から学ぶ。

食材に感謝し、料理という文化を創造・継承する。

そして会社に集う仲間を家族として捉え、それぞれが幸せな人生を歩んでいく。