企業理念

ベジアーツは『仕事』を通して『人』の幸せを実現します。

農業をもっと楽しく。

農業は命を支え、土を守り、社会を作る「ものづくり」である。「ものづくり」で大切な事はモノで人に喜ばれ続けること。“モノ”への期待は時間と共に変化をしていく。それに応えるためには会社と人が成長を続けることが必要である。モノで人に喜ばれる事、喜ばれる為に成長を続ける事、そしてその双方を実感できるようにする事がベジアーツ農業の考える“楽しさ”である。

野菜をもっと美味しく。

農業は「ものづくり」であるが、そのモノは“食べ物”である。野菜が“食べ物”である事を忘れずに、美味しさを追求する。

みんなに喜ばれる農場を創る。

先ず己自身、そして関わる周囲の人に喜ばれる農場を創る。私たちが農業に取り組む事で、地域の方に喜ばれる農場を創る。美味しい野菜を誠実に届ける事でお客さまに喜ばれる農場を創る。歴史を受け継ぎ、未来にも喜びを繋いでいく。当事者だけでなく、周囲が感じていた従来農業の不満足を解消し、みんなに喜ばれる農場を創る。

社名の由来

vegearts-logo-large

(社名の由来)

VEGE = vegetableベジタブルのベジ

ARTS = art作品という意味のアーツ

 ベジアーツで育てている「人・土・野菜」全てが我々の作品である。

 (社名のこだわり)

企業は『社会の公器である』から、個人名・地域名を社名から外してある。

ベジアーツの目指す姿

昔の農家が実現していた暮らしを、

会社として組織として実現していく。

米を作り、野菜を作り、庭には果物が実をつける、

冬の前には漬物をつけ、正月には餅をつく。

一家族の中で完結していた暮らしのそれぞれの規模を大きく

経済活動として成り立つ姿にし、企業として発展していく。

企業としての成長と同時に農業を通じて得ることができる

農業の本質的な価値を大切に次代に繋いでいく。

それは企業としての確かさと、農家としての豊かさを同時に実現している姿である。

四季を感じ、情緒を育み。

自然の恵みである農産物を感謝していただき。

作物、土、自然から学ぶ。

食材に感謝し、料理という文化を創造・継承する。

そして会社に集う仲間を家族として捉え、それぞれが幸せな人生を歩んでいく。