救急セット作り

どんなお仕事でも同じことが言えますが、作業中や移動中の事故や怪我など、突如として緊急事態が生じる可能性があります。

そこでベジアーツでは、緊急事態の応急処置に備えて、各社用車に救急セットを常備しておくことになりました。

本日は、緊急時に役立ちそうなタオルやガーゼなどを小分けにして袋にいれてゆくという地道な作業の様子をご覧頂きます。笑

ここで、荒井から是非にと、栄えある「タオルたたみ係り」に任命されたのは、意外や意外、営業リーダー 尾花です!

頭の中で「尾花」と「タオル」とが全く結びつかなかったのですが…

スタッフインタビューをご覧いただいた方の中にはもしかしたらピンときた方がおられるかもしれません!

そうなんです。尾花の前職は、「美容師」でした。

美容師さんといえば毎日大量のタオルを使用していますよね!

というわけで、まずはタオルを小分けにするビニール袋を用意します。

一度タオルを広げて

手慣れた様子でたたんでゆきます!

笠原も思わず振り返ってしまうほどのスピードです!

なんだかいつもより生き生きとしているような気さえします!笑

あっという間に…

完成~!!美しい!

荒井も思わず笑ってしまうほど、見事なタオルさばきでした!

全ての車に載せる分が完成しました♪

さてお次はガーゼです。

止血や消毒に役立ちそうですね!

パクチーパートの依田さんと田中さんが手伝って下さいました ♪

ところで、なぜ突然 救急セットを作っているのでしょうか?

重要なことですから、もちろん一日も早く用意したほうが良いものですが、

実はベジアーツが数か月かけて取り組んでいるある目標に関係しているんです!

みなさまは、「GAP (Good Agricultural Practices)」というのを耳にしたことがおありでしょうか?

GAPとは世界120か国以上に普及し、事実上の国際標準となっている、

「食品安全、労働環境、環境保全」に配慮した「持続的な生産活動」を実践する優良企業に与えられる認証のことです。

GAPの中にもいろいろな種類がありますが、ベジアーツでは現在「GGAP (GLOBAL G.A.P.)」という世界共通認証の取得に向けて

社員が一丸となって取り組んでおります!

一体どのような取り組みなのか?それと救急セットがどう関係しているのか?なぜどうやって取得するのか?

後日詳しくご紹介したいと思います!どうぞお楽しみに♪

0 件の返信

返信する

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。