冬のお仕事その1 機械整備

本日のベジアーツ上空は、どんよりとしていて今にも雪が降り出しそうです。

こんな寒空の下スタッフたちは一体どのように過ごしているのか、ご紹介したいと思います!

さて、長野県のほとんどの農家にとって、12.1月頃というのはオフシーズンです。

旅行に行ったり趣味に没頭したり…忙しく働いてきた身体と心を癒すための一年に一度の長期リフレッシュ休暇かもしれませんね。

逆に、冬場には仕事が無くなってしまうというのが信州での農業の難点と言えます。

そんな中ベジアーツでは、冬場にも様々な作業を行なっています。


今日は「冬のお仕事シリーズその1!~機械整備~」の様子をのぞいてみました。

通常であれば業者さんに依頼する作業ですが、ベジアーツでは可能な限りスタッフ自らの手で整備をしています。

シーズン中はトラクターや農機具も働きっぱなしです。オイル交換、グリスアップ、電気系統などこの機会に入念に点検整備していきます。

それぞれきちんと整備記録も付けているので、何か問題が生じたときにすぐに確認して対応できるという利点もあります。

 

作業を女性スタッフ二名で行なっているところにも是非ご注目下さい。若くて可憐な女性たちが農業をしていると聞くと意外に感じる方もおられるかもしれませんが、ベジアーツでは女性スタッフもいきいきと活躍しています!農業の様々な面を心から楽しみ、仲間とともにより良いものを追求していくその姿は本当に爽やかで素敵です!!

昨年は社員俵山が社員荒井(写真左)に整備工程をレクチャーしたのだそうです。そして今年はその荒井が、社員児玉(写真右)に説明しています。

トラクターや農機具の台数が多いので作業できるスタッフを育てたいという事ももちろんありますが、それだけではなくそれぞれが得意とする知識や技術を教え合うことで、互いに学び、新たなスキルを身に着けていけるというのは、会社にとってだけではなく個々の人生においても素晴らしい収穫だと思います。

次回は、「冬のお仕事シリーズ その2!」です。雪に備えてどんな対策をとっているのかご紹介したいと思います!

どうぞお楽しみに♪

0 件の返信

返信する

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です